寒い時期の芦ノ湖で快適に釣りをするための服装 | 芦ノ湖でしょう

寒い時期の芦ノ湖で快適に釣りをするための服装

芦ノ湖

芦ノ湖めちゃ寒い、とよく聴きますよね(~_~)
水面の標高が723mありますし、周囲の山から吹き下ろす風の冷たさといったら。
晩秋と早春の芦ノ湖で快適に釣りをするためには、まず服装が大事です。

寒い時期の芦ノ湖で釣りをするときの服装/上半身

ヒートテック、フリース、ダウン、ゴアテックスです。

ヒートテック系

inner

まず肌着に暖かいものを。
ヒートテック極暖とか、じっとしてても暖かい系のものです。
あとはこのようなスポーツショップに売ってる、動きサポート系の冬タイプがあります。

スポーツ選手や職人さんなど、現場が冷え込む方に人気のものはやはり高クオリティ。
一枚持っといて損はないでしょう。

フリース

fleece

軽くて動きやすいフリースはアウトドアの味方。
肌着の上には、これかネルシャツですね。

ダウン

down

そして、軽くて暖かいダウンを着込みます。
ダウンの質で結構違います。

僕は思いっきり軽くて数字の高いものを使っています。
ダウン買う時に必ず600とか800とか書いてありますので迷わず800をチョイスしてください。
最初は高い買い物だなーと思いましたが、10年使ってます。

インナーダウン

inner down

気温がマイナス行きそうなときは、薄いダウンを中に重ね着しています。
ここまでやればだいたい大丈夫。だめなら諦めがつきます(^^

アウター

outer simms

暴風防滴とHeavy dutyを考慮してシムスのアウターを一番上に重ねています。
けっこうゴワっとしている印象ですが、釣りしてると全然気になりません。
収納も多くてかなーり使える1着です(^^♪

サイズ感が日本的でないので、僕は180cmありますがサイズはMです。

寒い芦ノ湖で釣りをするときの服装/下半身

ウェーダーの中だからといって油断できません。
だいたい僕はこんな重ね着パターンでやってます。

ソックス

socks

山歩き用のものです。
厚手でひざ下までの長いものがおススメです。

ヒートテック系

inner underwear

釣りメーカーから出てる暖かい素材のものもいいですし、僕はNorth Faceのフリース素材のタイツみたいのを履いています。
軽くて暖かく、頼りになる一枚です。

ダウンパンツ

down pants

これも軽くて暖かい優れもの。
かさばらないものいいですね。

で、これらの上にネオプレーンウェーダーです。

寒い芦ノ湖で釣りする服装/その他

とにかく風が入らないよう工夫して重ねてみてください(^^

グローブ

glove-open-fingerglobe-closed-finger

まずフリース素材で指が3本空いているもの。
だいたいこれでいけますが、さらに強風や雪、雨となってくると指がでてないものを。
指先出してる場合じゃありませんからね~。
これは3本の指先だけ素材が違って、スマホもOK。

帽子

fishing-cap

とにかく耳を隠せて、偏光かけたときも光が差し込まないようにツバがあるものがいいです。

フェイスマスク

face-musk

鼻とか頬とか、3月と12月は寒すぎてやばい時がけっこうあります。
そんな時は遠慮なくフェイスマスクなどで隠しましょう。

カイロの張り方

全身に血をめぐらすために腰に一枚。
そして手首の内側に一枚づつ貼ります。

カイロの張り方

管釣りマスター達も貼っている手首カイロ

ウェーディングのときは内ももの足の付け根あたりにも貼っちゃいます。
手足のかじかみはこれで大丈夫。それでも寒いときは帰ります!

ダウンソックス

down-socks

僕は割と冷え性なのでこれも履くときがあります。
ウェーダーのなかに履かなくても、上がってきてウェーダー脱いだ時に履くと暖かくて気持ちいいですよ(^^♪

まとめ

いかがでしたか?見ているだけで暑苦しいですね(笑)
でも、しっかり防寒して釣りに集中したいですからね。
いかに薄く暖かく着るかが大事です。
暑くなったら脱いで、フィッシングベストの背中に突っ込んでおきましょう。

冷えたら温泉へGO!

芦ノ湖エリアの大人の日帰り温泉2選
このエリアの温泉はいくらでもありますが、僕が通うのはこの2つ。 あえて言おう。 この2つで十分であると! 芦ノ湖で一番高いところにある温泉、龍宮殿 さすが芦ノ湖で最も高いところにある温泉、景色が最高です。 露天風呂に浸かり...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました