朱鞠内湖のイトウ釣りーポイントとタックル、おすすめルアー | 芦ノ湖でしょう

朱鞠内湖のイトウ釣りーポイントとタックル、おすすめルアー

朱鞠内湖のイトウ 湖の釣り
朱鞠内湖へイトウ釣りに行ってみたいけど、ちょっと敷居が高そう・・・

・・な気がしますよね。
でも行ってみると釣り人のための環境も整備されてて、すごく釣りしやすい湖でした(^^♪

長年にわたるイトウ保護活動の成果と、素晴らしい自然。

イトウに憧れる釣り人なら、ぜひ行っていただきたい湖です!

なので、これから朱鞠内湖に行ってみたい!というアングラーのために朱鞠内湖攻略のヒントを書いておきますのでぜひご参考にしてください(^^

朱鞠内湖イトウ釣りポイントと釣り方

朱鞠内湖地図

湖畔の看板

朱鞠内湖の美しい黄昏

美しい黄昏。月が浮かび、夕日を浴びる

行ったとこの画像と経験した釣り方です。
ポイントは無数にあるので、渡船スタッフにおすすめを聴くのもいいと思います(^^)

浮島

朱鞠内湖の浮島

向こう側がイタリア半島。
この島との間は湖ながらも水路になっているのか、常に流れがあってベイトが豊富。
実際イトウも泳いでました(^^)

フローティングミノーで広く探りたいですね。

浮島反対側

浮島の反対側。友人がイトウをキャッチ

島の反対側。
見た目ほとんどわからないような岬でも、イトウはそれを感じて動いています。

ミノーをゆっくり見せるのがいいと思います。

ナマコ1

沈み切り株

水没している切り株を目安に撃っていきます。
早朝は見えイトウが次々に回遊してきました。

僕が釣ったのもここ。
水深の変化を観察してミノーを通しましょう。

ナマコ1のインレットの一つ

ぬかるみのインレットを超えていくと最奥部に突き当たります。
仲間がイトウをキャッチしたポイントです。

沈み切り株

こういう、どう攻めていいか困るポイントにイトウは潜みます。
ウェーダーと勇気と技術で立ち向かいましょう。

今回はスプーンで攻めましたが、ミノーもありですね。イメージが膨らみます(^^)

有働(うどう)

朱鞠内 うどう

イトウが上がってきやすいシャロ―を探す

シャロ―も急深もあって見どころのあるポイント。
風が吹けば辺り一帯がいいポイントになると思います。

この左側は急深なので、崖沿いをイトウが泳いできそうでした。
岸と並行にキャストして誘いたいですね(^^)

北大ウラ

朱鞠内湖の北大ウラ

遠浅で赤土。風が吹けば絶好のポイント

向かい風でシャロ―が濁るとチャンス。
朱鞠内湖はどこでもそうなんですが、ここは特に濁る気がします。

朱鞠内湖のイトウ釣りタックルとおすすめルアー

大物想定か、お手軽想定かで変わってきます。

タックルはメータークラスのイトウを意識

朱鞠内湖タックル

ワールドシャウラ2752、ステラ3000、ナイロン12

これだと弱いんです(~_~)

僕が使ったものは、産卵後の痩せた80センチクラスを相手にするには十分でしたけど、秋の魚はもっとパワフルです。

なんといっても朱鞠内湖にはメータークラスがいます。

いつ掛かってもおかしくありませんので、想定だけはしておきましょう。

ロッドの長さは好みでいいと思いますが、強いものが必要です。
強さ、粘りのあるものがいいでしょう。

強さでいうとこのぐらい↓

▸ワールドシャウラ2833 RS-2

リールはステラなら3000か4000でOKです!

朱鞠内湖のイトウはナイロン直結で大丈夫説?

僕は普段はPE派なんですが、朱鞠内湖に関してはナイロン直結がおすすめです。

シングルバーブレスがレギュレーションですから、ファイト中は常にラインテンションをかけ続けることを考えると、PEよりナイロンがベターです。

しかも大遠投する必要がないし、川のように流れの中でルアーを沈ませることもないのでPEの必要があまりありません。

太さは16ポンドあればまあいいかなと思いました。
安全にナイロン直結20ポンドでいいでしょう!

逆にお手軽想定の場合

60センチ程度のアベレージイイトウを想定する場合、ラインはナイロン直結12ポンドです。

リールはステラなら2500か3000、ロッドは7~8フィートのミディアムクラス。(Line ~12lbとか表記のあるもの)

PEなら0.8号、リーダーはナイロン14ポンドでOKでしょう。

ナイロン直結で12ポンド、PEにリーダー付ける場合はナイロン14ポンドと思うのは、結節部の強度の問題です。

多少強度が下がることを想定して1ランクだけ太めにしましょうって程度です。

しかし、ランカーイトウが来ないという想定での太さですので、やっぱナイロン20にしといたほうがいいと思います(^^)

イトウおすすめルアーはジョイント!他には・・・

波がたったところに漂わせるのであればジョイントがベストです。

サイズはワカサギに合わせるかウグイに合わせるか、無視するかですが、大きさよりもアクションかなと思います。

どんなイメージで釣りたいかによって使い分ける、でいいと思います。

▸ラパラ ジョインテッド 9cm フローティング

あとはフローティングミノーでちょっとだけ潜るもの。

▸スミス チェリーブラッド SR90

それからスプーンは10グラム程度。

▸アングラーズシステム BUX 9.3g

あとは自分の自信のあるルアーを持って行って存分に腕試ししてください。

イトウはきっと答えてくれます(^^)

その他いるもの

薮漕ぎすることもあるので、ゲーターがあるとウェーダーが破れなくて安心です。

ネットはもちろん特大で(^^♪

朱鞠内湖で実際釣りをしたまとめ

釣れるイトウのアベレージは60センチほどですが、確実にデカいのがいますし、現に掛けても取れないのは超ド級のやつです。

夢を見るために朱鞠内湖のイトウに挑戦するのであれば、タックルもそれなりの強度が必要です。

渡船ポイントは、スタッフにおすすめを聴くといいと思います。

風が吹いていたら風表のほう、波がある方がベターです。

僕も、何回も通って自分のパターンを見つけたいと思います(^^)/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました