行けば分かるさ【禁断の】猿払川イトウ釣りポイント | 芦ノ湖どうでしょう

行けば分かるさ【禁断の】猿払川イトウ釣りポイント

猿払巨大イトウ川釣り

猿払にイトウ釣りに行きたいけどポイントがわかんないよね。

そやねん。イトウ釣り師に限らずポイントは秘密が多いからな。サクッと行かれへんわ。

そんなあなたのために!
初めて行く猿払川で「ここは行っとこう!」という一般的かつ有望なポイントを解説します。

猿払川のイトウ釣りポイント、最下流部

稚内方面や道の駅さるふつから来るとまずこちらが目に入ります。

猿払川河口とサーフ

猿払川河口

新富士見橋の両サイドからともアプローチ可能ですし車も適当に置けます。

護岸際や流心の深くなっているところにイトウが潜みます。

上げ潮か下げ潮かでポイントが変わるというか魚の向きが違いますよね。

それを意識してルアーを通していきましょう!

猿払川の中では一番流速があるポイントなので、シンキングミノーかスプーンで攻めたいところです。

ちょいちょいストラクチャーが沈んでいて根掛かりするのでシングルフックが都合いいですよ(^^)

新富士見橋

猿払川 新富士見橋

見捨てられがちなポイントですが、確実に流心を通ってイトウが移動しています。

橋脚に巻かれないよう注意してポジショニングしましょう。

こんな道路沿いですがヒグマの目撃情報もありますので朝夕は特に要注意です。

猿払川のイトウ釣りポイント、ポロ沼付近

超人気ポイントなので常に釣り人がいます。

ルアーもフライも譲り合って楽しく釣りをしましょう!

本流とポロ沼の出会い

猿払川 ポロ沼出会い

写真右側がポロ沼につながっています。

ここは風向きによって右岸か左岸を選んで入ります。

ハイシーズンにはフライマンがずらりと並び、「イトウの聖地に来た感」を味わえます。

浅いのでフローティングミノーで探りつつ、流心を見つけてスプーンなど沈めてみるといいでしょう(^^)

ポロ沼の入り口

猿払 ポロ沼

猿払川本流とポロ沼をつなぐ水路のような場所。

こちらはルアーマンがずらりと並ぶことができ、どこでもヒットの可能性があります。

もう1本の川も合流していて、それぞれの流れの関係でイトウのヒットポイントを当てていく釣り場です。

また潮の干満も大きく左右し、潮位が低いときは露出してしまうような岩もありますのでタイドグラフを参考にフローティングミノーで丁寧に探りたいですね!

猿払川のイトウ釣りポイント、中流域

湿原河川のド真ん中。アシ原をかき分けて行くような場所です。

猿払橋

猿払川 猿払橋

通称「2番目の橋」。猿払川の河口から2番目の橋が猿払橋です。

ここはポイントも狭く、プレッシャーも高めなので難易度マックスかもしれませんが、橋の左右、橋の上流下流とスルーできるポイントがありません。

足元を撃ったら対岸のアシ際を狙って行きましょう。

川沿いに釣り人の踏みならした道が付いているので、そこを釣り歩いていけますが、3番目の橋に近づくにつれてだんだん草の背が高くなって不気味な雰囲気に・・・

数年前、うしろのアシの中で突然「ガサガサッ!」っとなって振り向いたら茶色い鹿が飛び出して心臓が止まりそうになったことがありました( ゚Д゚)

「鹿」って認識するのに1瞬なのですが、ビビっていると音がした時点でどこか「熊」と思っちゃってるんですね。

新猿払橋

新猿払橋

3番目の橋「新猿払橋」の上から下流を見たところです。

ここは両岸の薮が深くて行ったことがありませんが、ツワモノが歩いた道が付いています。

右岸は土手~道路へと比較的視界が良いのですが、左岸は土手~森となっていて絶対危ないと思います。

森から熊が出動して来るんじゃないかと思ったら生きた心地がしませんね~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まとめ

猿払川 杉岡

猿払川テッパンポイント入門編いかがだったでしょうか!

河口から探っていって粘らず全体をみると、魚がいそうな場所が絞れてくると思います。

熊の危険は正直どこでもありますので、「ここは出ないだろう」とか思わないことです。

特に朝夕!朝一はいつも車を停めるような場所にも出没しますし、夕方は3時頃から鹿やキツネの姿をよく見かけるようになります。

そのぐらいの時間帯から熊も活動していると思われますので、熊鈴やクマよけスプレーなど携帯し、とにかく熊に出会わないように安全第一で釣りをしましょう。

ところでコンビニ遠いよね?

最寄りのセイコーマートが浜鬼志別にあって、車で稚内方面に結構走ります。

でも猿払川と猿骨川の間にコレがあります。

パーキングシェルター

猿払パーキングシェルター!

この中になんと自販機、トイレがあります。

猿払パーキングシェルター

吹雪などで進めない時はここに一時避難するのでしょうか。

とにかくめっちゃ便利ですのでありがたく使いましょう!

 

猿払村は遠いし何かと不便なところですが、それもまた一興。

辺境の地でとことん自分と向き合うのもイトウ釣りの魅力ではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 



 

 

タイトルとURLをコピーしました