朱鞠内湖の宿泊は「レークハウスしゅまりない」 | 芦ノ湖どうでしょう

朱鞠内湖の宿泊は「レークハウスしゅまりない」

朱鞠内湖のイトウその他

 

ポッパーくん
ポッパーくん

朱鞠内湖へイトウ釣りに行く時は、ホテルがここしかありません!

でも湖すぐだし、料理も美味いし、スタッフが感じいいので「ここしかないから」じゃなくて「ここに泊まりたい」なんです(^^)

 

朱鞠内湖の夕暮れ

レークハウスしゅまりないへのアクセス

「旭川空港から朱鞠内湖」で検索してみると~

朱鞠内湖まで

ジャスト100km!

旭川空港からレンタカーで2時間弱

レークハウスしゅまりない

朝イチの便で飛べば朱鞠内湖に昼頃着いて、午後は釣りができます!

レークハウスしゅまりないのレストラン

レークハウスのレストラン

湖畔の風が気持ちいいホールです(^^)

ディナーはダッチオーブン料理、ジンギスカンなど

レークハウス朱鞠内のダッチオーブン料理

これが絶品のダッチオーブン料理。じっくり加熱したチキンと根菜が北海道の食卓感を演出!前菜のプレートが付きます。

だいたい飲みすぎますw

これがレークハウス朱鞠内の絶品「そば」

レークハウス朱鞠内のそば

土地のモノを食べるのも釣りの楽しみの一つですよね!

おいしいソバ粉の産地+おいしい水=おいしいソバ確定。

季節のおいしいもの

タラの芽

タラの芽の天ぷら。ほんのりした苦みがうまい!

たけのこ

茹でた孟宗竹のタケノコ。これらは定番メニューじゃないので、運が良ければ収穫したてのものがあります。

季節を感じる料理っていいですね!

その他、ウイスキーや日本酒などもあるので、酒は持ち込まなくても大丈夫。

売店はないのでツマミはお忘れなく(^^)

レイクハウス朱鞠内

レストランにもイトウ

レークハウス朱鞠内は手作り感が満載

レークハウス朱鞠内のドア

ある客室のドア。DIYレベルの高さを感じますね。

デッキにあるベンチなども手作りで、しかも日曜大工のレベルを超えた感じのモノが至る所に見られます。

男ゴゴロをくすぐるDIYアイテムがゴロゴロしています(^^♪

ウェーダー乾燥室もある

ウェーダー乾燥室

これは便利ですよね!ちょっと吊るしておくだけで翌日ウェーダーが快適にはけます。

日本でウェーダー乾燥室をみたのはここレイクハウス朱鞠内と、阿寒湖のアメマス釣りのホテルニュー阿寒だけです。

薪ストーブ

レークハウス朱鞠内の薪ストーブ

見たことない形の薪ストーブが。カスタムというか特注なのか、中で料理ができそうですね。複雑な構造でメンテナンスが大変そうー(>_<)

でもいいんです。薪ストーブが醸し出す雰囲気が大事なんです!

薪ストーブのメンテナンス。さすが専門業者!
10月。薪ストーブの季節がやってきました! 暖房器具としてだけでなく、遊び心と癒しの玉手箱、薪ストーブ。 実際に薪ストーブを所有するまでは、薪をガンガン燃やせばOK!のようなイメージをもっていましたが、意外とメンテナンスが必要な...

何といっても釣り場に近い

レークハウスしゅまりないは湖畔まで徒歩すぐ。

前浜という駐車場兼ボート乗り場があり、朱鞠内湖の釣りはそこから始まります。

タックルを組んでからでも歩いていけるし、車で1分で駐車場に行って準備することもできます。

レークハウスしゅまりない

庭から。坂を下ると前浜

湖に点在する無人島は仲間と貸し切りにすることも可能!

朱鞠内湖のイトウ

朱鞠内湖プライベートガイドツアーもあるので予約してみてはいかがでしょうか。(夏期のみ)

朱鞠内湖のイトウ釣り、ガイドツアーが凄いことに!
なんと!あの朱鞠内湖をガイド船で回るプライベートツアーがあるらしい! ということで行ってきました、朱鞠内湖プライベートガイドツアー。 どんな内容だったのでしょうか! 朱鞠内湖のイトウをガイドに案内してもらう 他では見られないよう...

というわけで宿泊はレイクハウス朱鞠内

料金はリーズナブルな1泊2食8650円。

コンビニも何にもないので、イトウ釣りに集中できます。

でもイトウ釣りに集中というか、この朱鞠内湖の雄大な自然の中にどっぷり浸かっている感じが最高なんです(^^)

宿泊はレークハウスしゅまりないの通常客室と合宿ができる大部屋、ログキャビン、キャンプ場もありますので、仲間との釣りのスタイルに合わせてチョイスできます。

空き状況はwebだけじゃなく施設に電話するのが確実です。

皆さん親切なスタッフさんので、イトウ情報とともに現地の気象情報も仕入れてからお出かけください(^^)

>レークハウスしゅまりない公式サイト

 

 



タイトルとURLをコピーしました