芦ノ湖特別解禁釣り大会 | 芦ノ湖でしょう

芦ノ湖特別解禁釣り大会

芦ノ湖から見る富士山 芦ノ湖の釣り

毎年3月1日は芦ノ湖特別解禁!
禁漁期間が解禁日をいっそう楽しくしますねー(^^)
ここでは、初めて芦ノ湖特別解禁に行ってみたい人のために「どんな感じ?」っていうところをお伝えします。

3月1日は芦ノ湖特別解禁釣り大会です

何度やっても毎年ウキウキしてしまいます。
さて特別解禁日の楽しみ方とは?

特別解禁当日朝の様子

寒風吹きすさび、水たまりはカチカチに凍っています。

大会当日は、前日から駐車場で車中泊をしている人もたくさん見かけます。
朝5時ごろから受付がはじまり、当日券を買ったり仲間と合流してタックルをセットしたり。
そして各々「今年はここで始めるぞ」というポイントに向かいます。

朝6時半、エアホーンの合図でスタートします。
それまではポイントに入ってもいいのですがルアーやフライをキャストしてはいけません。
真っ暗なうちから場所取りをする人もいるほどです。

しかし大体3月1日といったら最低気温はマイナス、水温も6度台と超寒いことが多いものです。
過去には、数日前に降った大雪で特別解禁が中止になる事態も起きたほどで、山の天気は予想が難しいものがあります。

低水温、低気温でも魚は元気

気温水温ともに低いときにはロッドのガイドについた水が凍ります

キャストしてて何か引っかかってルアーが飛ばない、と思ったときはガイドがレンズのように凍っています。

PEラインも水を含んで凍ってしまうと使い物になりません。
フッ素コートをしておくことをおすすめしますし、ロッドとガイドにもフッ素コートしておくと、いくらかマシな気がします。

芦ノ湖レインボー

そんな寒いなかでも魚は元気です!
大会スタートから次々とロッドが曲がり、
まあ、・・だんだん渋くなりますが(^^)
開始30分もあれば魚がスレてきますね。

そこからが大事です。
どうやってヒットに持ち込むか考えていろいろなパターンを試して、結果が出せるのが解禁日なのです。

特別解禁の料金は前売り5000円

前売り券5000円、当日券6000円、中学生以下無料。
現場券10000円、障害者券2000円

特別解禁の前売り券購入方法は郵送でOK

前売り券は郵送で買えます。
前売り券代金と返送料510円を、郵便局で現金書留で送ります。

〒250-0051 神奈川県足柄下郡箱根町箱根184-1
芦ノ湖漁協協同組合 宛
tel/0460-83-7361

受付期間は1/15から2/15です。
当日は混むし、スマートに釣りを開始したいので前もって購入しておくことをおすすめします。

特別解禁の魚の釣り方

特別解禁ならではのパターンがありますのでちょっとだけ書いておきます。

特別解禁日の魚は放流場所の近くにいる

直近で放流された魚は放流場所からあまり動いていません。箱根湾、元箱根湾、湖尻など一部の放流ポイントで爆釣することもあります。

「のざきボート」前や「くろさわボート」前といった特別解禁日の実績ポイントがありますので事前にチェックしておくと爆釣に近づきます。

ワイルド化した魚を釣るには、放流ポイントじゃないところでディープが近いシャロ―ぎみのところがいい気がします。大島とか。

あとは白浜でもちょっと脇とか、ワンドの奥じゃなくて向こう側からアプローチするとかですね。

解禁日はほんとはめちゃくちゃ浅いところにも魚はいますが、ウェーディングなどによるプレッシャーでちょっとだけ深いとこに移動してしまいます。
最初の数十分はシャロ―や水面近くで釣れていても、人的プレッシャーですぐに深めのレンジになってしまいます。

これはしょうがないので、釣り人のほうで魚にアジャストしていきましょう。

解禁のルアーセレクトはスプーン小さめで。飽きたらミノー

解禁で放流マスを狙うなら3~5gのスプーンがおすすめ

まず表層から反応を見て行って、ってすぐ釣れちゃうことが多いんですが、だんだん下げながら当たりレンジを探っていきます。
釣れたらそのレンジを再度トレースしてもう1匹狙います。
反応なければレンジを下げて釣っていき、ボトムまで行ったらボトムノックやズル引きやデジ巻き、反応なくなったらミノーにチェンジします。

ミノーは7~11cmのフローティングミノーから始めてサスペンド、次にシンキングペンシル、最後にシャッド系のものを使うことが多いです。

かなり早い巻きで誘っている人を見かけますが、僕はスローでやった時のほうが釣れる気がします。
基本ゆっくり、時々早い攻めで。

フローティングミノーは飛ばないから使わない、という人もいますが、そんなに飛ばなくても釣れます。
飛距離よりも大事なのは着水音だと思っていますので、より静かに着水させてあげたほうが魚に好かれます(^^)

大物が釣れたら検量にいこう

モンスターブラウン

モンスターブラウン

解禁なんでモンスター級が泳いでいます。
しかもスレてない魚を釣るわけですから、誰にでもチャンスがあります。
もしデカいのが釣れたら検量に持ち込んでみましょう。

検量にエントリーできるのは以下のサイズです

  • レインボートラウト60㎝以上
  • ブラウントラウト40㎝以上
  • サクラマス40㎝以上
  • イワナ40㎝以上
  • ブラックバス40㎝以上

私は以前、ブラウントラウトの部で入賞したことがありますが検量に持ち込む=殺してしまうことになるので躊躇しました。
でも特別解禁の釣り大会だし、祭りだし、ということで持ち込んでみたところ入賞できちゃいました。
おかげで豪華な賞品がもらえたし、表彰されて記念にもなりました。
魚はもちろんおいしくいただきました。

検量はそんなことになるので、殺生したくない場合は検量に持ち込んではいけません

で、解禁日って何でそんなに盛り上がるの?

「祭り」とか「儀式」とか言われますが、そうかもしれません。
個人的には「始業式」が近いかなと思っています。

解禁日が迫るとワクワクそわそわしていますし、当日は「今年もここに帰ってきたな~」と思います。
何が釣れても、たいして釣れなくても、始まったそのシーズンのこれからを想像して「なんか楽しい」。

好きなルアーで好きにアクションして、水中の様子を想像して、ヒットシーンを妄想する。
でもそれだけでは満足できないから、どうやって「いい魚」を釣るかを一生懸命考える。今年はどんな感じでシーズンを楽しんでいこうかな、と思いをはせる。

当日芦ノ湖にいる誰もが、そんなワクワクした気持ちでいっぱいになっています。
その浮かれた感じが、まだ極寒の芦ノ湖をちょっとだけ熱くしているのです。

解禁日にはそういう、シーズン中とは少し違う趣があって僕は好きなのです。

芦ノ湖のルアー釣り/春
芦ノ湖クオリティのナイスフィッシュに出会うためには芦ノ湖のシーズナブルパターンを理解するのが近道です。 ここでは3~5月のルアー釣りについてタメになることを書いておきます(^^)/ 芦ノ湖の春の気候 3月2日の解禁日~GW頃までは春モ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました