入間川でスモールを釣る | 芦ノ湖でしょう

入間川でスモールを釣る

入間川のスモールマウスバス 川釣り

各河川で猛威を振るっている、と言われているスモールマウスバス。

「ホンマかいな?」と思っていました。実際に釣るまでは。

当日はラージを釣りに行ったのにラージいません。

こいつらのみです!

というわけでその一部始終を書いておきます。

入間川でスモールが釣れるポイント

グーグルマップでめぼしいとこを探して行ってみました。

安比奈親水公園

入間川の安比奈親水公園

適当にラージがいそうだなーってポイント、しかも車が安全に置ける場所ってことで川越インターから近いここへ行ってみました。

いそうではありましたが、鯉のみ。

季節によってはバスもいるかもしれません。
ベイト次第ですかね。

車に戻って地図を見ます。

狙いは公園と堰堤が近くでセットになっている場所です。

いくつか見つけて即移動。

いました入間川、上奥富堰の下流

この巨大な堰堤は確実に魚止めです。

車もサクッと置けて、これで釣れれば言うことなし。

まずは堰堤の上流の深いところをチェック。
いきなり岸際に30cmほどの魚影を確認!

サッと逃げられましたがヘラじゃないな、というところで期待が高まります。

崖を降りて下流へ向かいます。

少しでも深くなっているところにシンキングミノーを通していきますが反応なく、徐々に釣り下っていきます。

すると対岸にテトラの入った、こちら側から水の当たっている深場を発見!

これはいけるんじゃないかと勘が働き、リーダーを結び直して流れを観察します。

こういう時は一発で勝負を決めるのが一番美しいのです。

この流れにちょうど良さそうなイッセンを付けて第一投。

着水から程よく沈めてテトラの際でトゥイッチを2発入れるとガツ―ン!と来ました!

ライトタックルのドラグを鳴らして上がってきたのはこちら!

入間川のスモール

ナイススモール!

てか、え?ラージじゃないんだ。やっぱり。

噂には聞いてたけどこれか、と。

ここから入間川スモール祭り

同じ場所からスモール

狭山スモール

もういっちょ同じ場所からスモール

狭山ンスモールマウス

スモールしかいません。

スモールの猛攻

入間川スモールのタックル

渓流用がベストマッチでした。

ロッドはテンリュウRayz68、リールはセルテート2004

スモール用のロッドはRays

これは桂川の本流用に使っているタックルです。

まあベストマッチでした(^^

ラインはPE 0.6号、リーダーはフロロ6ポンド

スモールのラインはPE0.6でした

50cm級もいるらしいので、もうちょい太くてもいいかなと思いますが。

慣れてるタックルなら多少細くても大丈夫でしょう。

入間川スモールのおすすめルアー

河だと思ってチョイスしないと何も釣れなそうです。

イッセン45

イッセン

月虫55浮

月虫55浮

まとめ

さすが特定外来種。
かなりのしぶとさでこの地域のヌシとなりつつあるようです。

でかいスモール釣れちゃってる

もし北海道にこいつが放たれたら、ネイティブトラウト達は戦うことができるだろうか?

もしロシアのコッピ川にこいつが放たれたら、チビシーマ(ヤマメ)は食いつくされてしまうだろう。

ロシアの巨大なイトウなら戦ってくれるだろうか??

ウォッカ飲んでゆっくりしよう

そんなことを思いながら、とりあえずいつものBARでウォッカを飲んだ。

環境保全、生態系の保全、これらを崩していくのはいつも人間のエゴだ。

でも僕ら釣り人が少しづつ意識を高めていけば、きっといい方向に向かうに違いない。

だって一番環境を守りたいと思っているのは、たぶん僕らだからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました