芦ノ湖のついでに早川港(小田原)でメバルを釣る | 芦ノ湖でしょう

芦ノ湖のついでに早川港(小田原)でメバルを釣る

他エリアの釣り

芦ノ湖で釣り足りない!という時は箱根新道を下ってすぐの早川港に行きます。
けっこう釣れます(・∀・)ニヤニヤ

早川港のメバルの釣り方

最初は軽い気持ちで竿を出したのですが、面白いので定番になりましたw

ジグヘッドのタックル

早川港で釣れたデカメバル

20cmを超えるとなかなかのファイターです

管釣りトラウトタックルでOK。
いいと言えばいいんですが、もっと楽しむにはロックフィッシュ専用ロッドがあるとベスト!

ラインはPE 0.15号にフロロリーダー2ポンド
もしくはメインラインをフロロ2ポンドに直結でジグヘッド。

ジグヘッドは0.45g,0.6g,0.9g,1.2g,1.5g程度を用意して、その日の風によって使い分けます。
軽いほど釣れます。
風が強いとだんだん重くしていって、1.5gが飛ばないとか沈まない風になるとジグヘッド諦めてミノーを投げます。

ミノーのタックル

早川港のメバル釣り

港湾ライトゲーム用ロッドって言うのか、これこそ管釣りロッドでいいかも。

PE 0.3号にフロロリーダー4ポンドでやっています。

釣り方

ワームもミノーも、漂わせます。
基本はスローリトリーブ、潮に乗ると巻かないかんじです。

魚種によってジグヘッドの重さを微妙に変えてレンジをコントロールします。

ライズが遠い時とか、軽量ジグヘッドで届かないところの潮目や明暗部を攻めたいときはミノーを投げます。

タダ巻きで食ってきますのでアクションは不要。

その他の魚種

いろいろ釣れましたんでw
載せておきます(^^

カマス

早川港のカマス

10月ごろのカマスはえんぴつサイズってやつです。

カサゴ

カサゴ

カサゴは漁港内の足元にいて時々釣れます。

ネンブツダイ

早川港のネンブツダイ

ネンブツダイはカラ揚げにするとうまい。
雑魚の旨味がじんわり楽しめるおつまみになります。

アイゴ

早川港のアイゴ

アイゴがあまりに群れていたのでサビキで釣ってやりました(笑)
ヒレに毒針があって超危険ですので絶対に素手で触らないでください。

アナハゼ

早川港のアナハゼ

アナハゼも足元にいます。
堤防に付いたカキなどの間からサッと出てきてワームを食います。

イシダイ

早川港のイシダイ

イシダイはサビキで釣りましたw

早川港のメバル釣りポイントマップ

早川港のメバルは夕方から

大きくエリア分けして東側と西側があります。
漁協のとこは東側、新しい波止場は西側です。

早川港マップ

1.2.3が東、4.5.6が西とします

東側のポイント

1・高速下の堤防の角

ここは潮通しが良く、メバルのほかイワシなどの回遊魚も釣れます。
夏以降は岸壁沿いをアイゴがたくさん泳いでいます。

2・一番外海に近い堤防
朝4時―11時は使用禁止です。
その後も漁師さんの網など干してあったりしますので、釣り人はあくまでもお邪魔させてもらってることを忘れずに釣りしましょう。

イカ墨もよく見かけますが、墨はかせた人は洗い流しておいてほしいですよね~

3・港内
波も穏やかで小魚が溜まります。
ということはそれを狙った大物がーと言いたいところですが、小物しかいません。
小物を食べる小物。でも小物釣りですから(^^)

西側のポイント

4・高速下のスロープ
ときどきいいサイズが上がります。
といってもメバル20cmとか、カマス15cmとかですが。
いいんです、小物釣りですから(笑)

5・港の奥
角にカサゴがよくいます。あとは途中の短い防波堤の際ではメバル、ヤガラなども。

6・ぐるっと回って一番奥
ストラクチャーがあってメバルが付きます。
遠投して潮に乗せると、やっぱりメバルが釣れます。

まとめ

お手軽といいながら、結構道具にこだわってしまいます(^^)
芦ノ湖が大荒れで釣り出来ない時や、芦ノ湖が全く相手にしてくれなかった時など、早川港の使い方はあなた次第!

結局、なんでも釣れれば楽しいんです(笑)

芦ノ湖のブラックバス釣り
1925年、日本に初めてブラックバスが放流されました。 それが芦ノ湖であり、日本のバスフィッシングの原点です。 これは政府の許可のもと、実業家の赤星鉄馬氏がアメリカから90匹を持ち帰ったものだといいます。 以来様々な理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました