早春の長野源流釣行。イワナが淵で密です! | 芦ノ湖どうでしょう

早春の長野源流釣行。イワナが淵で密です!

源流のイワナ川釣り
ラパラ師匠
ラパラ師匠

雪どけが待ちきれず、深山の渓流に釣行!イワナさん達お久しぶりです(^^)

早春の源流にイワナを求めて

ラングラーで行く源流イワナ釣り

3月11日、朝6時に東京を出て9時頃漁協で釣り券を購入。そのまま車止めまでGO!

様子見に行った川は結氷&渇水

渇水の源流域

/(^o^)\ナンテコッタイ

時期尚早だったか、昨年秋からの雨不足・雪不足による渇水ですね。

話にならないので川チェンジ。

水量を求めて別の源流域へ

3月の源流域は氷ってます

水あった!渇水ぎみではあるけど十分釣りできそう♪

林道はガッチガチのアイスバーン。いくらラングラーにスタッドレスでも危ないので、車を置いて歩きます。

渓流の風が気持ちいい。と言いたいところですが花粉でそれどころではありません。

どなたか杉の木全部ブッ倒しといてください(^^)

>おすすめルアーはページ下方にスキップ

渓相を見ながら歩くこと30分

ジンクリアの水をたたえた淵を発見。

身をかがめて覗き込むと、いますいます!ボトムにイワナが揺れています!

しかも1,2,3・・・6匹はいる。サイズは25cmそこそこか?

AR-Sを上流側へキャストして沈めてゆーっくりリトリーブ。

イワナの群れを通り過ぎたところで1匹がふわりとチェイス、そのままバイト!

よっしゃー!、で足元でバラシww

気を取りなおして第2投。あれ?ノーチェイスか。もうちょっとレンジが下か。

Dコンパクトをアップでキャストしてボトムを流しながら軽くトゥイッチ。

全く無視か。

次にメタルバイブをボトムでサーッと巻いてみますが迷惑そうによけています。

これはこれは。

やはり低水温で活性が上がらないのでしょう。ルアーを追いませんね。

ならばダウンで攻めましょうということで淵の上流側へ回り込み、大岩に隠れてDコンパクトを流し込みます。

ボトム付近に定位しているイワナの目の前でステイ、トゥイッチ、食ったー!!

今年初のイワナ

源流あけましておめでとうフィッシュ!

綺麗なイワナです(^^)

源流のイワナ

源流のイワナ

源流のイワナ釣り

もう最高!この瞬間のために早起きしてやって来た。

もう十分ですがさらに釣り上がります。

エエ淵やん

源流イワナ釣り。いい淵を発見

右上から被ってる枝の下をバックハンドでキャスト。

白泡の下の大岩の隙間にミノーを沈めてゆっくり誘うとバイト!

早春の源流でイワナを釣る

超楽しい!

さらにちょっとした落ち込みで小物イワナもゲット。

雪の中でイワナ釣り

もっと小さいのもいますね。繁殖してることが確認できてうれしくなります。

これぞ源流イワナ釣り。魚止めの滝でヌシを釣る

さらに上るといい滝が。源流の滝。魚留め

周りは氷っててこれ以上は進めません。

魚も登れなさそうなのでここで1発いいイワナが出るはず・・・

まず1匹

白泡の中にミノーを投げこんでルアーの姿勢を気にしつつ深めに入れていきます。

軽いトゥイッチで誘うと1発で答えが返ってきました!

源流域のイワナ釣り

いいイワナ!この源流らしい模様とカラーです(^^)

美しくも逞しいイワナ

鼻下からエラまでがうっすら紫がかってくるのが美しいですね♪

>前年に釣った同じような色のイワナ

3月の源流域でイワナ釣り

もう1匹

写真を撮ってすぐさま投げます。

すこーし角度を変えた立ち位置からさっきと違うコースをリトリーブしながらトゥイッチするとググっとバイト!

源流域はイワナが密です

アタリが鈍かったし、やっぱり低水温で早い動きは追いきれないのかもしれない。

流れの中でもルアーをゆっくり操作できる技術は必要です。

かすかなオレンジベリーが美しい。

イワナの三ツ口

そんな大きくないけど逞しい三ツ口です。

そしてヌシ登場

さらに、もう一回最初のラインで流してボトムでトゥイッチをかますと重たいバイト!

淵底からイワナ独特のうねるようなファイトが伝わってきます。

浮いてきたのはさっきまでより一回りデカいイワナ!

慎重に浅瀬に誘導してランディング!

源流早春のイワナ釣り

よっしゃ!!

白っぽい体色の、独特な雰囲気のあるイワナ。

勝手にヌシ認定!

滝つぼのヌシイワナ

真横からハーモニカ食い。深くていいバイトです♪

何だろう、この透明感。

源流の大イワナ

ワイルドな顔つき!歴戦の猛者。かっこいいイワナにしばし見とれます(^^)

低水温期は特に人間の手の熱でイワナを火傷させないよう注意が必要ですね。

できるだけ手で触れずにそーっと、やさしく落ち着かせて写真を撮らせてもらいました。

ありがとう源流のイワナ。

今回の源流イワナ釣行のタックルとおすすめルアー

オーソドックス!普通が最強。

源流のイワナ釣りは短いタックルで

ロッドはエゲリア ネイティブパフォーマンス

5.3ftが狭い川では使いやすいですね。そこそこ強くて曲がる竿がバラシも少なくGood!

エゲリア53ULを使いましたが源流域なら46XULでもいいな!

リールはステラC2000HGM

遠投不要なので浅スプール、ギアはハイギアで。

ラインはPE0.4号、フロロリーダー5ポンド。

早春おすすめルアーはスピナーとラクス

やはり低水温期、緩い流れにはスピナーを通し、深い淵にはゆっくり誘えるミノーを沈めるのが効きました。

ラクスはウエイトのバランスが絶妙で、特にアップで操作している時に重心を後ろに残しながらトゥイッチで頭を振ってくれるところが気に入っています。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥1,596(2021/08/02 20:35:49時点 Amazon調べ-詳細)

これから雪が解けて行ける場所が増えてくるので、山奥の釣りが楽しみですね!
熊も起きてきますのでクマよけグッズも忘れず、注意して楽しい釣りをー(^^)

 

禁漁前最終日!千曲川の源流に秋のイワナを追う
中央道を下りると道端にはススキが揺れ、黄金色の稲穂が首をたれ、稲刈りの済んだ田んぼもあり秋真っ盛り! 透き通る空は高く、天気の心配もない。今年最後の渓流を思いっきり楽しめそうです(^^) 千曲川の源流部に住むイワナをめざして ...
銀山湖(奥只見ダム)の釣り。ルアーで狙う大イワナ
常見忠、開高健らによって日本のルアーフィッシング黎明期の舞台となった銀山湖。 「奥只見の魚を育てる会」などの活動により、その歴史的な湖は今なお大イワナを育んでいます。 そう、誰でも銀山湖の大イワナを釣るチャンスがあるのです! ...
タイトルとURLをコピーしました